Carbon Art Windsurfing Boardsについて

カーボンアートとは?

誰にでもわかる良さがカーボンアートにはあります。

Slalom---Boards---Carbon-Art-Windsurf.jpg

カーボンアートというウインドサーフィンボードを初めて目にしたのは、マウイでのことでした。
あのフィル・マクゲインが駆るボード、それがカーボンアートだったのです。
マウイのゲレンデで、時にハイスピードで下ったかと思えば、気がつくと遥か上にいたり、フィルのウインドサーフィンは、スピードだけでなくすべてが驚異でした。
その秘密の一端はボードにもあるのでは?
しかし、当時、日本ではフィルのボード=カーボンアートは手に入りませんでした。
わたしたちはニュージーランドにあるカーボンアートのファクトリーと何度となくやりとりを重ねました。
4年ほど前から試験的に輸入を行い、日本のゲレンデでもテストを繰り返しました。
フィルのボードの素性の良さはすでに知っていましたが、実際に乗ってみると、その「人に優しい」設計を痛感しましたし、もちろん速さも一級品です。
そして、最初はテスト的に自分たちで乗っているだけでしたが、カーボンアートの良さを知れば知るほど、「他の人にもこの乗り心地を味わってもらいたい」と思うようになりました。

「わかる人にわかる良さ」ではありません。
「誰が乗ってもわかる良さ」がカーボンアートにはあります。

色やグラフィックも選べるセミカスタムボード

CAD.gif

カーボンアートのウインドサーフィンボードは、フィル・マクゲインのデザインとマウイでのテストにより設計され、製作はニュージーランドで行われています。
常時、在庫が積んであるわけではなく、オーダーがあった時に受注生産で作成されます。
そのため、サイズだけでなく、カラーやグラフィックも選ぶことができます。

また、すべてのカーボンアートのスラロームボードはPWAに登録されています。
そして、日本においてもJPWAに登録いたしましたので安心してレースでお使いいただけます。

PWA_small.jpg





Carbon Art Windsurfing Boardsカテゴリー項目一覧

CONTACT US

FORMULA

FREERIDE

LONG

SLALOM

SPEED

WAVE SC

WAVE TH

WAVE V

カーボンアートとは?